25歳の看護師、長距離恋愛の失恋に疲れて結婚

会社員の夫と結婚した看護師です。
夫と知り合ったころ、ちょうど私は失恋をしたあとでした。その失恋は長距離恋愛で、しかも、相手は同い年に近い年齢で、まだまだ結婚は頭になく、もっと仕事がしたい、だから、ちょうど長距離恋愛がいい、といったタイプの人でした。その人のことは大好きで、好きすぎて、そういった状態がつらく、別れました。
復縁に興味があるかたは全国の復縁神社・縁結びを叶える口コミで話題の恋愛成就パワースポットなどを参考にしてみてください。
その時、友人が、友人のご主人の取引先の人を紹介してくれました。私より8歳年上でしたので、それまでの彼とは異なり、大人の男性に見えました。しかも、それまでの彼が、わりに自由なものの考え方、バイタリティにあふれる感じの人であったのに対し、夫は、年齢のゆえのものと、パーソナリティ的にも、落ち着いた人という印象でした。
恋愛に疲れていた私は、そのような夫のことを、包容力のある人、大人の男性、と思え、こういった人と一緒にいると安心できると思えました。
おりしも、親は私に、いい人はいないのか、ということをしつこく言ってくる状態で、それにも少々うんざりしていたこと、私自身に、長期の研修の話が出て、その場合、東京に1年間行くことになり、夫とも長距離恋愛になってしまうことなどを考えると、夫は専業主婦希望で、私は、夜勤がしんどいなと思い、仕事を辞めたいとも思うようになったこと、などなどから、一気に結婚へ、と向かってしまいました。
結局、交際期間約半年で結婚してしまいました。結婚してから思ったことは、あまりにも短い交際期間であったため、夫のことを実はあまりよく知らなかった、ということでした。細かなことをいえば、いつ歯磨きをするか、といった些細なことなのです。ですが、そういったことがとてもストレスになり、なぜこのような人と結婚したんだろう、とふと思うこともありました。頭の中に、離婚もあるかな、と思い出した頃、妊娠が判明、結局、そのままずるずると、ということになりました。
そんな私が思うことは、いろんな事情があったとはいえ、じっくりと、この人でよいか、ということを考えて、結婚すればよい、ということです。夜勤が苦しかったたら、看護師など、いくらでも仕事があるわけですから、しばし、休憩をして、結婚ということに逃げ込む必要もなかったのでは、と思っています。